子医師コニシ 塩ひとつまみ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小説 「トライアングル」

2009年1月に放送されたドラマ「トライアングル」の
小説を読みました。


4048738658トライアングル
角川グループパブリッシング 2008-09-25

by G-Tools


以下、ドラマとの違いや私的な感想など。
小説の内容について触れています。


2009/08/03(月) | ドラマ雑感☆本 | トラックバック(1) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

sannkeneko

全く別モノですよね

ご無沙汰してま~す o(_ _)o

>ドラマで見ていた結末を思いながら
この小説を読んでいくと、すっかり肩透かしで…(苦笑)
原作はドラマとは随分違うと聞いてはいたんですが、
犯人探しのミステリー小説ではなかったですね。

ただ、サチの実母が娘を手放した理由が納得できなくて、
この部分はドラマの方が(残酷ではあるけれどでも)判るような気もするんですが、
・・・ドラマの方がいいと思ったのはこのことくらいかな。

それにしてもアレだけのメンバーを揃えながらドラマは・・・と
つい言ってしまいます(苦笑) 。

2009/08/03(月) 21:41:14 | URL | [ 編集]

ミマム

◆sannkenekoさん
こんにちは~(^^)

>原作はドラマとは随分違うと聞いてはいたんですが、
犯人探しのミステリー小説ではなかったですね。

…ですね(^^;)
読みやすかったのでスラスラとは進んだんですが
本の半分過ぎまできても、“そんな雰囲気”ではなかったので
ああ…こういうお話だったんだ~と。。

>ただ、サチの実母が娘を手放した理由が納得できなくて、

そう。そうなんですよ。私もひっかかったのがそこでした。
理由づけとしては母親の気持ち的に
無理があったように感じました。

この原作があってのあのドラマを思うと
ミステリーのドキドキ感は、ドラマのほうが
勝っていたかも知れませんね~(苦笑)

2009/08/04(火) 12:28:26 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://salt1g.blog20.fc2.com/tb.php/960-48a11920

「トライアングル」【本】新津きよみ

二十歳になった自分たちに向けて手紙を書いた小学四年生たち。 そしてそれから二十年後・・・。 新津きよみ著「トライアングル」

2009/08/03(月) 21:15:48 | 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。