子医師コニシ 塩ひとつまみ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イノセント・ラヴ 第7話

うわー何だ?この話…( ̄∀ ̄;)
何から書こうかな~。
もう今日は思いついたまま書いちゃうのだ

聖花に一目惚れだったのね、殉也。
プールにダイブしてパンツ握り締めて
聖花を抱きしめる殉也…。
すごいよ、アンタ(苦笑)
で、昴のことが好きだった聖花は
振り向いてもらえない昴を断ち切るために
殉也と結婚することにした…って?

3年ぶりに気がついた聖花は
頭の中は昴でいっぱいなわけね~。
佳音に対しての態度は
最初、殉也を思っての嫉妬かと思ったけど
殉也に対してまであんな態度…。
それまで殉也、一生懸命お世話してきたっていうのに~。

それにしても
スープも一人で飲めない状態なのに
抵抗するときの聖花の俊敏な動きに驚いた。
その後の回復もメキメキと早かったようですねー(^^;)

こうやって見てみると
お兄ちゃん→佳音→殉也→聖花→昴→殉也←美月?
みんな“純粋”に見えないのがすごい(苦笑)

結婚式の前日に聖花が自殺をしようとしたわけは
昴に宛てた手紙に書いてありました。
手紙~拝啓 十五の君へ
昴、ひどーーい。
ん?でも、昴って女の人、大丈夫なの?
っていうか、聖花のこと、どう思ってたの??

池田記者がつかんできた情報は
父親が佳音に性的虐待をしていたこと。
やっぱり父さんだったか…。
でも、それを母親が学校のカウンセラーの先生に
相談って・・するかなあ??
(そんなこと誰かに言う前に、母親が何とかしなきゃダメでしょう)
そしてそれを、学校の先生が雑誌の記者に言う???

今回はお兄ちゃんの登場はナシ。
悲しみにくれて大泣きする殉也と
そんな殉也を見て、切なくて泣く佳音ちゃん。

そしてそして、そんな今日のお話に
いつも以上にハテナマークが
たくさん浮かんでしまった私なのでした。
おしまい。


B00005HV8JDistance
宇多田ヒカル 河野圭 村山晋一郎
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2001-03-28

by G-Tools


ココログさんにトラバが飛びません。
お返しできなくってゴメンナサイ

2008/12/01(月) | TV☆ドラマ | トラックバック(17) | コメント(9)

«  |  HOME  |  »

くう

すごい・・・

パンツを取りに行ってまで聖花と結婚したかった
殉也の情熱が理解不能です~(^.^;)
ほんと、すごい展開だったわ~。
驚異の回復力だし。
お兄ちゃんがいなくなって物足りないと
思っていたけど、聖花が穴を埋めてくれました。

>でも、それを母親が学校のカウンセラーの先生に
相談って・・するかなあ??

普通ならしないよね。
このドラマならではのハテナでした(^▽^;

2008/12/01(月) 23:27:44 | URL | [ 編集]

みのむし

旦那さんが「あんなことをやるようなタカビーな
女なんてどん引きだ!」と言ってましたよ。
私はあんな女も女だが、それを拾う男も男だ
と思って引きましたけど・・・。
もうなんか殉也に大笑いさせてもらいました。
よくわかんない男だよ。この人は・・

2008/12/01(月) 23:40:58 | URL | [ 編集]

こんばんはー

>うわー何だ?この話…( ̄∀ ̄;)

 まさにその感想がピッタリの内容でしたね(汗)
 
>っていうか、聖花のこと、どう思ってたの??

 うんうん、ここがちょっと謎、ですよね。。
 しっかりと抱きしめていたところを見ると、
 昴も聖花を好きだったようにも見えますし、、、
 ホモ説は一体・・・?ってのもありますし。。
 でも、もし昴⇒聖花だったら、
 踊らされてて周りの人たち、かわいそう・・・。

今回はお兄ちゃんの存在が
全くないものになってしまったような展開で
ちょっぴり悲しかったのでした。。
(って、別にファンじゃないですが・・・(^_^; )

2008/12/01(月) 23:48:15 | URL | [ 編集]

mari

鈍感さの悲劇ですね。
佳音も言わないことの悲劇。

2008/12/02(火) 05:56:14 | URL | [ 編集]

ミマム

◆くうさん
あのダイビングはすごかったですよね~。
頭から飛び込まなくてもいいんじゃ…?って思ったけど
そこは殉也が聖花を思う心意気を見せたってところ?(^^;)

>普通ならしないよね。
このドラマならではのハテナでした

うん。。フツウなら、ね?(苦笑)


◆みのむしさん
>旦那さんが「あんなことをやるようなタカビーな
女なんてどん引きだ!」と言ってましたよ。
私はあんな女も女だが、それを拾う男も男だ
と思って引きましたけど・・・。

うんうん。
私は(も)殉也にドン引きでした。
そこまでして好きになるような女ですかね~。


◆霞さん
> しっかりと抱きしめていたところを見ると、
 昴も聖花を好きだったようにも見えますし、、、
 ホモ説は一体・・・?ってのもありますし。。

ホント、理解不能です。
なんだか、こういう見せ方をすることで
今まで視聴者が思ってきたことを
ひっくり返してやろうって感じなのかなあ?(^^;)

私も「お兄ちゃん」のファンではないですが
福士くんが好きなので、登場がなかったのは
淋しかったです~。
出てきたら出てきたで、また謎も多くなるんですけどね(苦笑)


◆mariさん
この鈍感さを「イノセント」と解釈してほしいってことなのかしら?
無理がありますね(^^;)

2008/12/02(火) 11:11:36 | URL | [ 編集]

きこり

>うわー何だ?この話…( ̄∀ ̄;)
これが、見ている人の正直な感想だよね・・(笑
私も、これっていいのかい?とかって思っちゃいました。
ゆずも真希ちゃんも大怪我だよね・・
>でも、それを母親が学校のカウンセラーの先生に
相談って・・するかなあ??
ねぇ?
心療内科にも通っていたのに学校のカウンセラーにも・・・?
相談しすぎだよ・・って・・思いました(笑

2008/12/02(火) 13:24:25 | URL | [ 編集]

ミマム

◆きこりさん
>これが、見ている人の正直な感想だよね・・(笑

ハイ。正直に書いてみちゃいました(爆)
良かった~同じこと思ってくれて(笑)

>心療内科にも通っていたのに学校のカウンセラーにも・・・?
相談しすぎだよ・・って・・思いました(笑

カウンセラーの先生って、何てアドバイスしてたんだろう(^^;)
生徒がそんなことになってるなんて聞いたら
1も2もなくすぐに何とかしろって話よねえ。
佳音の母さんもどんな人なんだか…。

2008/12/02(火) 14:24:06 | URL | [ 編集]

キッド

ミマム様、お疲れ様でした。

腕の疲れは抜けましたで
ございましょうか。
妄想便で特別湿布をお送りしましたぞ。

まあ・・・
恋しいお方が
別の人に恋してるというのは
よくある出来事でございますが
特別な趣味のお方だと
順番待ちしていても
永遠に待たされるという場合があります。

今回・・・聖花はその運命に
弄ばれましたな・・・。
じいやはなかなかの純愛と感じましたぞ。

今度は順番待ちしていた美月が
割り込み主人公に
クレームつける模様ですが
それもまた純愛で
ございますよね。

次はどんな奇手をうってくれるのか
楽しみです。

はたしてプールのパンツを
越えられるのでしょうか?

2008/12/06(土) 19:26:53 | URL | [ 編集]

ミマム

◆キッド様
腕はだいぶいいですよ~。
妄想便、ありがとうございます。
しっかり貼らせていただきます(^^ゞ

聖花のアレが純愛。
そして美月のアレも純愛。
最初は佳音のことかと思っていた純愛が
すべての人に当てはまる(?)ドラマだったとは…。
汚れた気持ちで見ている私には少々ムツカシイかもです(* ̄∀ ̄*)
プールのパンツには驚いて声も出ませんでしたが
それを越える愛っていったいどんな…?
何が出てくるかわからないところに
変な期待をしてしまいそうです(苦笑)

2008/12/06(土) 22:46:42 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://salt1g.blog20.fc2.com/tb.php/831-96f9a6de

イノセント・ラブ 第7話

ドラマ「イノセントラブ」第7話 聖花  3年間の植物状態から復活、医者から脳に障害が残っている可能性があると言われるが  リハビリを殉也と頑張る?  なぜか昴の写真に笑みを浮かべる   カノン  聖花が目覚め空気をよんでアパートに帰る決心  アパ...

2008/12/01(月) 23:10:06 | annyの日記

『イノセント・ラヴ』第7話「動き出す」memo

確かに動き出しましたわ。それもおそろしく元気に。

2008/12/01(月) 23:14:56 | つれづれなる・・・日記?

イノセント・ラヴ 第7話:動き出す

パンツ返しちゃえ(*- -)ノヽ▽ポイッ 元々、聖花は昴の事が好きだったのかなぁ。 殉也と付き合ったのも、昴へのあてつけというか、 いつか昴が振り向いてくれる事を期待してたのかなぁ。 殉也がパンツほしさにプールに飛び込んだりしちゃったから・・・違う?{/ase/} ?...

2008/12/01(月) 23:19:44 | あるがまま・・・

イノセント・ラブ 第7回

突然目を覚ました聖花。喜びを隠し切れない殉也だったが、聖花が植物状態だったのは3

2008/12/01(月) 23:23:17 | せるふぉん☆こだわりの日記

【イノセント・ラヴ】第7話

医学では説明できないような事が起きているようです。本当だよ。誰か説明してくれ。。。順調すぎに回復していく聖花。佳音ちゃんが買ってきたカサブランカをちぎっちゃう。佳音ちゃんの手からスープを飲まない。佳音ちゃんは聖花の敵意を感じ始めた。私、もう、いない方が...

2008/12/01(月) 23:28:58 | 見取り八段・実0段

「イノセント・ラヴ」第7回

 さて、先週起き上がった聖花(内田有紀)は恐ろしいほどのスピードで回復していきますョ~ でも、脳には障害が残っているようで、幼児のようになっております。 それでも殉也(北川悠仁)は大喜び。 そんな殉也を見る佳音(堀北真希)も幸せ・・・  嬉しくてたま...

2008/12/01(月) 23:37:17 | トリ猫家族

イノセント・ラブ 七話

を見た。 聖花・・・・怖いよ~。貞子だよ~。 佳音がめっちゃ普通の子に見えるよ~。 聖花は本当は昴のことが好きだったんだね。 っていうかさ。もしもし?あの~。ひとこといってもいいですか? 出会った時に聖花は昴の友達だったといってましたけど あの状況は...

2008/12/01(月) 23:38:47 | Simple*Life

イノセント・ラヴ(第7話)

聖花、相変わらず驚異の回復力ですね・・・。 3年も寝たきりだったら、歩けないのは当然でしょうが、 腕の力だってなくなってるだろうから、 這いつくばったりも出来ないと思うんですが・・・。 奇跡って、ホントにあるんですねー(棒読み)。。 役者さんたちが真面目にや?...

2008/12/01(月) 23:44:10 | 霞の気まぐれ日記

イノセント・ラヴ 第7回 感想

『動き出す』

2008/12/01(月) 23:46:47 | ぐ~たらにっき

イノセントラブ#7

ついに目覚めた聖花。三年間脳の昨日が低下していたのにすごい生命力。居場所がなくなった佳音は出て行こうとする。殉也、引き止めるんだ!!昴の写真見て笑ってるよ~~~~~こ・・・これはもしかして・・・・・げっ!!昴に抱きついた!!写真がないと私・・・ダメなの...

2008/12/02(火) 00:44:40 | Sweetパラダイス

フジテレビ「イノセント・ラヴ」第7話:動き出す

今宵の展開と演出は、「ラヴストーリーというよりも、新しいホラーサスペンスドラマのよう」といったら、脚本家や演出家に怒られてしまうでしょうか(笑)。

2008/12/02(火) 04:29:08 | 伊達でございます!

《イノセント・ラヴ》#07

佳音が、殉也に腕を取られ、気を失って、殉也の家に連れてこられた。飲み物を貰い、聖花の寝返りのアラームで、百合を持って部屋に戻った殉也は、起き上がっている聖花を見た。 それからの展開は怒涛のようです。

2008/12/02(火) 06:00:15 | まぁ、お茶でも

あなたの背中には悲しい温もりがありました(堀北真希)知っているのに知らんぷりののイノセント・ラヴ(内田有紀)

佳音(堀北)だけが・・・すれ違った恋の行方を知っているという構図である。そして・

2008/12/02(火) 10:49:34 | キッドのブログinココログ

イノセント・ラヴ 第7話

聖花の意識が戻らない時の方が、殉也は幸せだったかもね(苦笑) 本当は切ないムードになるんだろうけど、どれもこれも感情移入出来なくて。 なんだか中途半端でさ。 それに、聖花のキャラがインパクトあり過ぎて(コワイ)

2008/12/02(火) 14:37:56 | アンナdiary

イノセント・ラヴ 第7話 「動き出す」

医学的に説明不可能なことが起こり、意識を回復した聖花(内田有紀)。しかし、3年間脳の機能が低下していたので多少の障害が残っている可能性もあった。

2008/12/02(火) 17:11:33 | テレビお気楽日記

イノセント・ラヴ 第七話「動き出す」

3年間植物状態だった聖花(内田有紀)が、奇跡的に目を覚ます。そのことを昴(成宮寛貴)や美月(香椎由宇)に嬉しそうに報告をする殉也(北川悠仁)佳音(堀北真希)は聖花の世話をするが、スープを食べさせようとする手を聖花振り払われる。献身的に世話をする殉也の姿を見て、自?...

2008/12/02(火) 18:46:53 | 掃き溜め日記~てれびな日々~

医学的には説明できないことです (イノセント・ラヴ)

たしかに、ドラマは「そんなバカな!」を楽しむもの、ですが… (^_^;)ヾ もはや、危険なアニキも、彼方にかすむほど。 主役は誰か、どういうオハナシだったのか忘れるほどに、えらいことになっております 眠れる魔神・聖花(内田有紀)、大復活 3年も献身的な世話...

2008/12/03(水) 09:40:55 | のほほん便り

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。