子医師コニシ 塩ひとつまみ
FC2ブログ

氷上の音楽

フィギュアスケートの安藤美姫選手がオリンピック本番の曲を「蝶々夫人」に変えたとか。
この競技は他のスポーツとは違って技術とともに芸術の面でも評価の対象となるわけで
そのBGMである曲選びというのはやはり重要にもなってくるんですね。
ところで先日行われた全日本選手権大会で
男子1位の高橋大輔選手と女子1位の村主章枝選手がフリー演技で使った曲は
ともにラフマニノフのピアノ協奏曲第2番
ラフマニノフはピアノ協奏曲を4曲作っていて有名なのはこの2番なんですね。
私も2番しか聴いたことがないんですが、なんでもこの曲、
強度の神経症に陥ったラフマニノフが医師に勧められて作った曲だそうで、
情熱的で抑揚と盛り上がりがあって、私の好きな曲の1つです。
私がこの曲を初めて知ったのは「いつもポケットにショパン」というマンガなんですが、
いつもポケットにショパン (1)
音楽高校に通う麻子が学内コンサートでソリストに選ばれ
弾くことになってしまった曲です。

それから
昔、「愛はかげろう」という曲でヒットした雅夢というグループの
アルバム 「夢つづり」の中の「冬京(とうきょう)」という曲は
この協奏曲の第2楽章が始まりに使われているんですが
なかなかいい曲なんですよ。
20060105124955.jpg 夢つづり
夢つづり


「蝶々夫人」は蝶々が結婚したピンカートンに裏切られて最後には自殺してしまうという話。
ミキティがトリノでどんな風に氷上で演じるのか楽しみです。

2006/01/05(木) | 音楽の話、しよ♪ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://salt1g.blog20.fc2.com/tb.php/83-a46e92ef
 |  HOME  |