子医師コニシ 塩ひとつまみ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

吾輩は主婦である 26話~30話

第26話「ゆきお」
バイトを辞めてほしくなくてつぼみと関係を持ってしまったというゆきお。
前妻とよりを戻したいゆきおは、それ以来、バイトを辞めずにゆきおに執着している
つぼみと別れるにはどうしたらいいか、やな家に相談します。
これをネタにして小説を書くことと引き換えに吾輩はゆきおに
つぼみとの別れるセリフを考えますが、つぼみにはうまく伝わりません。
仕方なく別の方法で説得しようとミュージカルの歌を作って歌うことに…。

対人恐怖症のリハビリのためにミュージカルを始めたというゆきお。
普段のハラからの声はどこへやら、つぼみとのことを話す声がゴニョゴニョと聞き取れなーい(笑)
ミュージカルの新曲「つぼみの花が咲く時」がこれまた可笑しい
天使役にはたかしと小松。白タイツに白いスモック、羽と頭の上には天使の輪
悪魔役のやすこ。メイクが…メイクがーーー (笑)
ピアノ伴奏はすみれ先生でしたね。


途中から「選ぶのは私~」と歌に参加し始めたゆきおの前妻のみなこ(宮地雅子)。
よりが戻せる!とゆきおが思っていたらみなこにその気はなく
「だって歌詞がそうなっていたから…」。
みなこと娘のモエが帰ったあとに
「私の出番は?」と登場したちよこのドレスとしゃべり方が可笑しくて可愛かった。


第27話「ねがい」
たかし達が住んでいたマンションが売れそうだと不動産屋から連絡がありましたが
吾輩は自分の書斎を売るわけにはいかないと猛反対。
下見に訪れた朝野という男性は実は人気作家の夜しずか(高橋一生)で
税金対策のためにマンションを買いたいと言います。

高橋一生くんが一瞬、クドカンさんに見えました(笑)
昔、そのマンションに住んでいた時に家具の隙間に入り込んでしまったままだった
みどりが書いた七夕の短冊をたかしが見つけます。
書いてあったのは「今のままで充分幸せです」。みどりらしいですね♪
それに比べて吾輩ったら…


第28話「マンガ」
やな書房にスーツを着た怪しい男2人組みが立ち読みをしにやってきます。
読んでいたのは『おならスースー鈴之助』(おげれつ吾郎・著)というマンガ。
たかしが調べてみるとネットオークションで300万の価値があるという本!
ちよこはそれを気にしながらも、商店街の主婦たちと
「ペ・ヤングンロケ地巡りツアー」へ行くのですが
その間に『おならスースー』を買い取りたいと電話してきたのが立ち読みをしていた男で
実はペ・ヤングンに頼まれて調査をしていたのだと言います。
いきなり現れるペ・ヤングンに驚くたかしと吾輩とひろし。
たかしは急いで韓国にいるちよこに連絡をしますが
ちよこたちが慌てて戻ってきた時にはヤン様が帰ったあとでした…。

ヤン様ツアーに行く時のやすこの服装がフェミニンになってましたね。
これはやっぱり愛の力?(笑)
やすこったらツアーに行く時「ヤン様の実家に行ってピンポンダッシュして来よう!」ってあんた…。


せっかくの初版本だったのに
自分の本より値が高いことに腹を立てた吾輩がいたずら書きをしてしまって
価値がなくなってしまいましたとさ

第29話「しずか」
ヒットしたデビュー作のあと、筆が進まず吾輩のアシスタントをやることになった朝野。
マンションは結局、賃貸で朝野が借りることになって家賃を払うけど
吾輩がそこを書斎として使う、ということになったようです。
マンションに居ることによって、みどりの記憶が甦ってくる吾輩。
たかしたちの“家族パワー”でみどりに戻ったのもつかの間…。

ベランダに足をかけて自殺しようとしながら吾輩と脳内会話をして
お腹が空いたと言って吾輩が作った食事を食べてから
またベランダに足をかけて自殺スタイルをする朝野が可笑しかった!
みどりに戻った時に家族で抱き合うシーンにジーン。
いつの間にか“吾輩”のほうが普通になってしまったみどりだったので
戻ってきた時には不思議と懐かしかったですね~。


自分の本が出版されることになって
初版部数や印税の話をしているうちにまた吾輩になってしまったみどり。
家族パワーは“お金パワー”には勝てなかったようです。

第30話「サイン」
吾輩が書いた「吾輩は主婦である」がいよいよ本になることに。
ちよこは自分が小説の中で死んでしまうのを読んで怒ります。(空想シーンあり)
本にかかる帯の推薦文を朝野に書いてもらうつもりが間違ってやすこに頼んでしまう吾輩。
できてきた帯には『ハンカチ用意しときな!』やす子 36歳・主婦 の文字とやすこの写真が…。
小松の出身地でサイン会の開催が決まり、会場に着いてみると長蛇の列。
喜ぶ吾輩でしたが、そこには猫ひろしが…。

猫ひろし、また出ましたねー。
書店で夏目みどりの「吾輩は主婦である」の本を探しているのに
店員が持ってくるのは→猫ひろしの本→海老名みどりの本→夏目雅子?→やっぱり猫ひろし?
になるのが笑えました。


集まっていたのは同じ会場でサイン会を開いていた猫ひろし目当ての人で
吾輩のほうにはさっぱり人が並ばず…。
かけつけたたかしたちが何度も並んで
サイン会を盛り上げようとしてくれた姿に家族の愛がありました、というお話でした。


        

どうでもいいんですけど、やすこって「やすこ」?「やす子」?
今週はペ・ヤングン現わるの回「28話マンガ」が好きでした
相変わらず盛り沢山の内容で、これまとめるのにいつも以上に時間がかかってしまいまして
少々お疲れ気味の私であります

来週は、サイン会が終わったあとに一人で吾輩の本を5冊も買っていった
謎の男(鈴木ヒロミツ)のお話からですね。


今週のその他の感想と笑いのツボ
 ・ジャンバルジャンを辞めたつぼみが勤めるキャバクラでの源氏名は「みどり」。
 ・たかしとまゆみとじゅんの歌う「たなばた」の歌。
  ♪ささの葉さーらさらー のあとの歌詞はすべてハミング。
 ・立ち読みをしていた怪しい男の「パニック」の発音。
 ・「笑うせぇるすまん」を知っていたやすこの息子。
 ・やな家の流しそうめんの終点は屋外(受け皿なし)。


B000F6YS6G家庭内デート(DVD付)
やな家 宮藤官九郎 上杉洋史
喝采 2006-06-07

by G-Tools


★あのミュージカルの曲も入ってる
B000FI8T28TBS系愛の劇場「吾輩は主婦である」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ 福島祐子
喝采 2006-06-21

by G-Tools

☆今までの感想☆ 【1話~2話】 【3話~5話】 【6話~10話】 【11話~15話】 【16話~20話】 
             【21話~25話

2006/07/02(日) | TV☆ドラマ | トラックバック(9) | コメント(5)

«  |  HOME  |  »

きこり

今週の一番のツボはやっぱり「ヤン様」でしょうか・・
あと夜先生!私予告編で見てすっかりクドカンと思ってましたよ。
高橋一生君も大好きですが(笑
猫ひろしにも会えたし・・・
やっぱりクドカンドラマは中毒になりますね~

2006/07/02(日) 10:02:30 | URL | [ 編集]

まりりん

ミマムさん、こんにちは!
今週は私もアップしました~~!!今週もおもしろかったですね~!
しっかし私もてっきりしずかってクドカンだとばかり思ってたわ!!
あまりにも素人っぽいしゃべり方にすっかり騙されました(クドカン本人も
あまりよく知らないし)

>みどりが書いた七夕の短冊をたかしが見つけます。
このエピは良かったね~~。この短冊をたかしが見つける前は、喧嘩してた
のに、これを見つけてたかしはまたみどりちゃんがいとおしくなる。
素敵な旦那さんよね~~。

>どうでもいいんですけど、やすこって「やすこ」?「やす子」?
ほんとはやす子だと思いますよ。何気にちよこは、千代子なんだよね~。
新聞に投書した時に出てた名前を見て知ったんだけど、まあ、でも
公式サイトのあらすじなんかは、みんなひらがなで統一してるし、
書く時はひらがなで良いのかな~とも思うんだけど

では、またよろしくです~!

2006/07/02(日) 14:37:24 | URL | [ 編集]

ミマム

☆きこりさん
こんばんは。
猫ひろしねえ…ヨサコイ踊りに北海道に来てたみたいですけどね。
あのサイン会みたく猫ひろし目当てにどのくらいの人が集まったのかは不明ですが…(笑)

☆まりりんさん
こんばんは。
「やすこ」が「やす子」らしいというのは、今日、偶然にも雑誌で見ました!
ちよこは「千代子」なんですね~。
ま、ドラマは面白いからどっちでもいいことにしますか(笑)

2006/07/03(月) 00:58:37 | URL | [ 編集]

るりりん

ミマムさん、初TBさせて頂きました~。
私も1週分まとめて観てるのでかなりしんどい(^_^;)
でも、でも、楽しくヤミツキですっ。
流しそうめん、面白かったですね~。
あの、5人のテンポが。で、そうめんの行き着く先は
マンションの下。そうめんだらけの車になってたり・・。
あと2週、楽しみましょーー!

2006/07/03(月) 15:21:57 | URL | [ 編集]

ミマム

☆るりりんさん
こんばんは。
お仲間だったんですねー。嬉しいです(^^ゞ
そう!そう!このドラマ、ヤミツキになりますよね。
流しそうめん、ドラマの中でだーれも突っ込んでないのが可笑しかったです。
だからこうやって私たちが突っ込むんですけどね(笑)
あと2週、早いですよね。頑張って書きましょう~(^^)

2006/07/04(火) 00:05:40 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://salt1g.blog20.fc2.com/tb.php/273-34b0c048

「吾輩は主婦である」29話・30話

 MSに行くと、ベランダに足をかけて飛び降りようとしている夜先生(高橋一生)と遭遇した漱石(斉藤由貴)。お互いに固まったまま一時間が経過。結局おにぎりを食べて落ち着く二人。「書きたいものがないんです」たまたま大学の卒業記念に書いた小説をブログに発....

2006/07/02(日) 10:03:07 | トリ猫家族

「吾輩は主婦である」27話・28話

 つぼみ(能世あんな)が辞めたせいでジャンバルジャンでの漱石は大忙し。おまけに小説の方も中々進まなくてイライラ。たかし(及川光博)も漱石との生活に疲れてきてイライラ。 そんな時、MSを買いたいという人が現れて久々に盛り上がる矢名家。 しかし・・た....

2006/07/02(日) 10:03:33 | トリ猫家族

「吾輩は主婦である」26話

 真夜中に突然嵐と共に現れた男ゆきお(川平慈英)。「オマエかよ!」漱石どうしても、相談したいことがあってやって来たというゆきおだが・・「実は・・・・ごにょごにょごにょ・・・」「えっ?!」「聞こえない!!」「追い込んでも逆効果だよ。言ってなか....

2006/07/02(日) 10:04:15 | トリ猫家族

吾輩は主婦である 第26話~第30話 ひたすらにおもしろすぎる~~!

あと残り10回かと思うと、なんかものすごく淋しくなってくるのですが、どんな結末に持っていくのかさっぱりわからないところが、とっても楽しみなところでもあります

2006/07/02(日) 14:16:37 | ハマリもん

『吾輩は主婦である』第6週(第26話~第30話)の感想。

◆TBさせていただきます◆『吾輩は主婦である』第6週(第26話~第30話)の感想です♪ゆきおが“タッキーと翼”を選ぶ必要はないと思います(笑)。

2006/07/02(日) 23:19:53 | まぜこぜてみよ~う。by青いパン

「吾輩は主婦である」第26話~第30話(第6週)

今回は、マスターゆきお祭りです!誰がなんといおうと、ゆきお祭りですよ!☆(≧▽≦)☆第26話で笑い転げました。今までの感想はこちらです。TBS「愛の劇場 吾輩は主婦である」公式ホームページ←要チェックだ!キャスト→矢名みどり(37才):斉藤由貴矢名たかし..

2006/07/03(月) 02:20:46 | 読書とジャンプ

吾輩は主婦である 第26話~第30話

毎回、騒がしくて面白いですね~。私も一員になりたい。。

2006/07/03(月) 15:13:54 | るりりんのお散歩雑記

吾輩は主婦である-26~30話-

第26話 「ゆきお」悩めるゆきおや,小説のネタにしようと知恵をつける吾輩もおもしろかったけれど,ミュージカル「つぼみの花が咲く時」(作夏目みどり・曲矢名たかし)がよかった。すみれ先生がピアノをひいていたり,妻役を妻がやってしまうのもよかったが,とくにやす..

2006/07/05(水) 01:08:04 | まあぼの交差点

「吾輩は主婦である」 6週目 (第26話~第30話)

すこぶる面白い!(←吾輩口調で)この週は、今までにも増して笑いどころが満載でした。クドカン脚本は中盤が一番面白いという説もありますが(笑)、是非ラストまでこのままの勢いを持続して欲しいなぁ~。しかも笑いばっかりじゃなくて、時々「おっ」と思わせる、良いセリ

2006/07/08(土) 22:53:08 | THE有頂天ブログ

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。