子医師コニシ 塩ひとつまみ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「連理の枝」

我が家にある辞書によりますと
連理の枝…「一本の木の枝が他の木の枝とつらなり、木目が一つになること」
        「夫婦または男女の仲のきわめてむつまじいことのたとえ」 だそうです。



「連理のえだ」なんですよね?
「連理のわざ」とずーっと読み間違えていた私が見た「連理の枝」は…

ネタバレ・超辛口です。
この映画が好きな方は読まないほうがいいかも…。

2006/04/28(金) | 映画 | トラックバック(11) | コメント(3)

«  |  HOME  |  »

kossy

俺は「連理のつえ」と読んでしまった男です(笑)
同じく、ギョンミンにはちょっと感情移入してしまったほど、
彼の演技はなかなかよかったです。

2006/04/28(金) 21:58:57 | URL | [ 編集]

aki

おはようございます。
ミマムさんはこの映画NGだったのですね。
私は、ストーリー展開も知っていて、しかも泣こうと思って見に行き(笑)、
結構好きな感じでした。
ちょっと心が疲れていたので、思い切りベタで、あまり頭を使わなくても観れて、
適度に泣けてというのが良かったんだと思います。
「ロンド」でのチェ・ジウが何だか納まり悪く感じていて、この映画では(いつもの展開ですが)納まりよく感じました。
ギョンミン&スジンは、本当にイイ味出していたと思います。
ミマムさんとは反対の感想ですがTBさせていただきますね。

2006/04/29(土) 07:10:46 | URL | [ 編集]

ミマム

>kossy さん
「連理のつえ」に「連理のわざ」…ちゃんと読んでもらえないタイトルって一体…(笑)
ギョンミン、良かったですよねー。

>aki さん
映画やドラマって、見る側がその時に持っている気持ちや感情によって
良くも悪くも感じられますよね。
私も別の日に見たらきっと違う感想だったと思います。
チェ・ジウはロンドより、やっぱりこっちのほうが彼女らしかったですよね(笑)
トラバありがとうございました。

2006/04/29(土) 11:25:20 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://salt1g.blog20.fc2.com/tb.php/198-a1dc823f

連理の枝

 タイトルをよく読まずにいたので、“理力の杖”のようなものだと思っていた。難病だって魔法使いの武器である杖によって治してしまうファンタジーのような・・・

2006/04/28(金) 21:59:26 | ネタバレ映画館

連理の枝(チェ・ジウ/チョ・ハンソン主演)

やっぱり泣かされましたね。でも、好きな感じの映画で、もう1度観たいです。

2006/04/29(土) 07:11:30 | 華流→韓流・・・次は何処?

「連理の枝」レビュー

「連理の枝(れんりのえだ)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:チェ・ジウ、チョ・ハンソン、他 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事からのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(

2006/04/29(土) 15:43:31 | 映画レビュー トラックバックセンター

「連理の枝」期待なしで劇場へ行きたい。

「連理の枝」★★★チェ・ジウ、チョ・ハンソン主演キム・ソンジュン 監督、2006年韓国青年実業家が雨の日に出会ったのは不思議と気になる女性だった。人気のチェ・ジウ作品は韓国と同時公開され日本ではまあまあの出だし、韓国では初登場6位、二週間で...

2006/05/06(土) 20:21:21 | soramove

映画「連理の枝」

まぁ、いわば連理の枝の木の物語に頼りきった作品といっても言い過ぎではないように思う・・。とても「私の頭の中の消しゴム」を越えてはいない・・。 とはいえ、ラストの盛り上がりでは思わず少しは泣かせてくれるのだが・・入院中の命短きヘウォン(チェ・ジウ)にゲーム会

2006/05/06(土) 21:58:49 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

連理の枝

チェ・ジゥ主演涙あふれる悲恋の物語...

2006/06/19(月) 11:43:58 | めざせイイ女!

『連理の枝』・試写会

今日は某スポーツ紙のサイトで当選した 『連理の枝』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★

2006/07/01(土) 00:12:23 | しましまシネマライフ!

「連理の枝」を見てきました。

今日、和歌山のジストシネマで「連理の枝」を見てきました。ストーリーは、浮気性の青年実業家と残り数ヶ月しか生きられない難病を持った女性が雨のバス停で出会い、二人ともわずかな残された時間での生き方や恋愛を描いた映画ですが、チェジウさんの泣かせる演技にはほんま

2006/07/02(日) 18:53:33 | かなやす日記

連理の枝-(映画:2006年114本目)-

監督:キム・ソンジュン 主演:チェ・ジウ、チョ・ハンソン、チェ・ソングク、ソ・ヨンヒ評価:70点公式サイト(ネタバレあります)チェジウ姫が愛らしい魅力をふりまく難病もの。韓国メロドラマのエッセンスがギュウギュウに押し込んで....

2006/09/17(日) 01:58:42 | デコ親父はいつも減量中

映画『連理の枝』(キム・ソンジュン監督)★★★

>映画『連理の枝』(キム・ソンジュン監督)★★★ やばい、この映画、ちょっと良かった( ̄□ ̄;)皆、ごめん。。ごめんとか言うなΣ( ̄□ ̄;)内容は、昔からあるべたべたなラブストーリーです。題材は、難病。やっぱり、最後は死ん

2006/11/21(火) 15:03:24 | AI-z「出田直正(nao)の一日。」

連理の枝

★★★  前半はドタバタコメディーで、後半になって急に悲恋ドラマに変身してしまった。途中で気が変わってしまった訳ではないだろうが、韓国映画にはこんな流れが多い。 連理の枝 販売元:ポニーキャニオン発売日:2006/09/06Amazon.co.jpで詳細を

2006/12/31(日) 13:59:57 | ケントのたそがれ劇場

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。