子医師コニシ 塩ひとつまみ
fc2ブログ

「オペラ座の怪人」

去年映画で見てDVDを予約して購入。ようやく見ました。
オペラ座の怪人 通常版
映画だと思って見ていたらいきなり役者さんが歌いだすので驚きます。そう、これはミュージカル。
クリスティーヌ役のエミー・ロッサムの余計な力が加わっていなくて自然に聞こえる声がいいですね。

映画を見た時にひとつだけ解釈に迷ったのが、ファントムが、自分を選ばなければラウルを殺すとクリスティーヌに迫ったあとの場面。クリスティーヌが怒り、悲しむ目線の先にあったのがファントムを見ているようでラウルにも見えて、そのあとにラウルがクリスティーヌに謝ることからも、彼女が誰に向けた気持ちを歌っていたのか一瞬わからなかったんです。
DVDでよーく見てみると ファントムに向けて ということはわかるんですが、ここはクリスティーヌとラウルとファントム、3人が同時に歌っていて言葉が交錯してるんですね。
クリスティーヌとラウルを解放したあとのファントムが呟くように歌うシーンは、何度見ても哀しくて泣けます。

美しく華やかな映像は、舞台セット、背景、衣装、メイクにいたるまで映り込むすべてのものに手抜かりがなくて、アンドリュー・ロイド=ウェバーの音楽も生きています。
DVDで何度でも見れるのは嬉しいけど、うちのテレビじゃ画面が小さくて物足りなくて…スクリーンの大きいテレビ、欲しいなあ。
私が買ったのはこっちのDVD↓

B0007D3NK4オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション (初回限定生産)
ジェラルド・バトラー ジョエル・シュマッカー エミー・ロッサム
メディアファクトリー 2005-08-26

by G-Tools

特典ディスクの「メイキング」が面白い!

2006/02/01(水) | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://salt1g.blog20.fc2.com/tb.php/109-921e7261
 |  HOME  |