子医師コニシ 塩ひとつまみ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「舟を編む」

舟を編む

真面目なマジメくんが面白い。



2013/04/20(土) | 映画 | トラックバック(10) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

みのむし

めちゃくちゃ面白かったです。
辞書ってものすごく労力をかけてつくられているのに案外誰も使ってないような気がしてかわいそうと思ってしまったり・・。
でもこうしてひとつひとつ頭をひねってあの説明文が書かれていると思うと大事にしないといけないなとたまには引かなくちゃ。と思ったりしてしまいますね。
そして馬締とかぐやの恋バナも面白かったし
それを暖かく見守る編集部のみなさんが面白かった~。

2013/04/30(火) 16:07:24 | URL | [ 編集]

ミマム

◆みのむしさん

私も、うちにある使っていない辞書に
申し訳ないような気持ちになってしまいました。
年月も人も、たくさん関わって
あんな苦労があって辞書が作られるんですねえ~。
マジメさんの恋バナ、女性社員が
ソッコー電話を入れていたのが可笑しかった。
どんな子か見に行きたい気持ち、わかりすぎました(笑)

2013/05/01(水) 20:27:37 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://salt1g.blog20.fc2.com/tb.php/1138-079eb64a

『舟を編む』

□作品オフィシャルサイト 「舟を編む」 □監督 石井裕也□脚本 渡辺謙作□原作 三浦しをん□キャスト 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林 薫、加藤 剛、      ...

2013/04/20(土) 12:47:30 | 京の昼寝〜♪

舟を編む

大渡海めっちゃ欲しい。  

2013/04/20(土) 12:47:56 | Akira's VOICE

舟を編む

さて、お久しぶりの映画感想ですね こちら三浦しをんさんの小説原作の映画化ですね ほぼあらすじも知らずに見た映画です 個人的には私は前情報を入れすぎると余計な先入観が入るの...

2013/04/20(土) 23:34:53 | にきログ

舟を編む

 『舟を編む』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)昨年の本屋大賞を受賞した際に原作本〔三浦しをん著『舟を編む』(光文社)〕を読んだことから、本作にも興味が湧いて映画館に出

2013/04/24(水) 22:34:11 | 映画的・絵画的・音楽的

映画「舟を編む」感想

映画「舟を編む」観に行ってきました。2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん原作の同名小説を、松田龍平・宮崎あおい主演で実写化した作品。物語の始まりは1995年。出版社の玄...

2013/04/24(水) 23:30:10 | タナウツネット雑記ブログ

映画 舟を編む

JUGEMテーマ:映画館で観た映画    冒頭は凄く地味なストーリー。   西岡正志と三好麗美のことがなければ   平凡すぎて飽きてしまうくらい地味

2013/04/25(木) 21:17:22 | こみち

「舟を編む」 大海を渡る拠り所

言葉は海。 それは海の如く広く大きい。 ずっとそこにじっとあるように見えるけれど

2013/04/27(土) 06:33:10 | はらやんの映画徒然草

【舟を編む】繋がりを編む人

舟を編む    監督: 石井裕也    出演: 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、宇野祥平、又吉直樹、波岡一喜、森岡龍、斎藤嘉樹、...

2013/05/01(水) 21:36:32 | 映画@見取り八段

『舟を編む』 なぜ1995年なのか?

 『舟を編む』は、辞書の編纂という地味で気の長そうな仕事が、想像を遥かに上回るほど地味で気が長いことを描き、そこから絶妙な笑いを生み出すコメディだ。  本作は1995年を舞台にしているけれど、描かれる内容は極めて今日的だ。東日本大震災後の私たちにとって、切実な問題でもある。  それどころか、時代設定が1995年であるところがミソなのだ。  20年にも及ぶ辞書作りは、いつの時代を舞台にし...

2014/01/03(金) 21:10:43 | 映画のブログ

舟を編む

原作は2012年、本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説「王様のブランチ」で、ずっと、ブックランキングで、1位、ならびに上位をキープしてたので、映像化したら、どんな風になるのかな?と思っていたら、映画の世界でも受賞!密かに、すごく嬉しかったのでした。期待通り、すごく面白かったです。キャスティングもハマってたし、丁寧さと風情があって、贅沢な時間でした。それに、国語辞典『大渡海』作りの丹...

2014/04/30(水) 08:33:52 | のほほん便り

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。